環境への取組み

Efforts to improve quality 品質向上への取り組み

「燃費のよいドライバーは環境に優しいドライバーである」

トラックを使用する当社にとって、環境の問題は大事なことです。未来には、近距離は電気自動車のトラック、長距離は燃料電池車のトラックが出てくるかもしれませんが、現状では化石燃料に頼らざるを得ないのです。

当社では、同じ仕事をするのであれば、より燃料使用量が少ないドライバーは環境に配慮していると考えます。当社は環境に優しいドライバーの育成に努めてまいります。

また、3R※を意識した企業活動を行います。

 

※3R

循環型社会を目指す標語として用いられる言葉。

リデュースReduceすなわち廃棄物の発生抑制,

リユースReuseすなわち再使用,

リサイクルRecycleすなわち再生利用・再資源化という英語の頭文字をとった言葉です。

燃費データ管理

全車両・全ドライバーを対象に燃費を管理しています。燃費を意識したエコドライブを心がけるようになり、安全運転にもつながります。

バッテリー式カークーラー

長距離の運行を行う場合、トラックの中で4時間以上の休息時間を取らなければなりません。環境のことを考えればエンジンを止めてCO2の排出を抑制したいのですが、真夏の関東地方ではそうはいきません。(暑くて寝られないのです)

このカークーラーはトラックのバッテリーを電源として作動します。バッテリーの電圧が低下したときは自動で停止する安全装置が付いています。

これを使うことにより休息時間のCO2排出をストップします。

 

リサイクルへの協力

当社では、ヘルメットのメーカーである株式会社谷沢製作所の「タニザワ エコアプローチ」に参加し使用済みヘルメットのリサイクルに協力しています。

 

タニザワ エコアプローチ

https://www.tanizawa.co.jp/eco_approach/

 

上に戻る